治療方針(トピックス)

 

歯の健康管理は定期健診で ~PTCのおすすめ

方針イメージ

虫歯や歯周病は静かに進行していき気になる頃にはかなり悪化しているものです。

早めに治療をすると,時間も治療費も少なくて済みます。そのためにも,半年に1回の定期検診で歯の健康管理をしていきましょう。

 

また,自己流の歯みがき方法ではお口の汚れを完全に除去するのは難しいものです。

PTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)とよばれる歯科医師や歯科衛生士によるお口の清掃(ブラッシングや歯面の研磨)を定期的に受けられることは,歯の健康維持に大変役立ちます。

 

虫歯ができてしまったら ~ハイブリッド・セラミックスのおすすめ~

 

虫歯は風邪やけがのように,安静にしていれば治るというものではなく,早めに治療をすることがとても大切です。ところで,虫歯を治療したあと,お口の中の金属を見て少し悲しい気持ちになったことはありませんか?

 

近年,歯科材料の開発が進み,奥歯も他の歯と同じ色で丈夫な材質のハイブリッドセラミックスを使うことによって,治療のあとを目立たないようにすることが可能になりました。

硬さはエナメル質に近くなっており,プラスチックのように摩耗や変色をおこすことも少なく,また,セラミックのように咬みあう歯がすり減ることも少なくなりました。ぜひ一度,当院にご相談下さい。


歯の色が気にかかる ~ホワイトニング(漂白)のおすすめ~

 

歯の色は個人差が大きく,自分の歯は黄色っぽいと気になさっている方も多いと思います。茶シブやたばこのヤニなどによる着色は歯科医院でのPTCできれいになります。

 

また,歯そのものの色が気になる場合はホワイトニング(漂白)という方法が効果的です。これは専門医の指導により,歯の表面に専用の薬を塗って歯の色を白くしていく方法です。歯の色がどうも気になるという方はぜひ一度,当院にご相談下さい。

 

歯周病かなと思ったら ~「根気,やる気,勇気」で治療を~

歯周病の治療は虫歯の治療と違い,患者さん自信の取りくみがとても大切になってきます。地味で時間もかかりますが,ほおっておけば全ての歯がだめになってしまいます。当院のスタッフがあなたの良きパートナーとなって治療のお手伝いをします。

 

「根気,やる気,勇気」を持って,ともに治療を進めましょう。

 

 

検査

歯周検査,レントゲン検査を行い,歯周病の状態を検査します。

 

病状説明

検査結果と治療内容の説明を行います。

 

プラークコントロール

ブラッシング指導を行い,毎日の歯磨きに活かしていただきます。

 

精密検査

プラークコントロールが上手にできるようになったら,さらに詳しい検査をします。

 

治療計画

歯周病の進行の状態に応じて原因を取り除く治療を計画します。

 

歯周病治療

・歯石除去(スケーリング) ・歯周ポケット掻爬(そうは) ・歯周外科 など

 

再評価検査

ここまでの治療でどの程度改善されたかを再評価します。

 

補綴(ほてつ)

結果が良ければ,ブリッジや義歯など,補綴治療を行います。

 

定期検査

歯周病が改善された後も油断は禁物。定期的な検査は欠かせません。